取扱品目会社案内最新カタログお問い合わせと回答リンク・関連ページ
カテゴリ一覧へ> 銘板とステッカー>
 銘板・ステッカー  さまざまな別注ステッカー・銘板ラベルの製作
 詳細 > ■単品1枚から大量一括生産用まで 目的に合わせた様々なラベルのタイプ
■ステッカーの製品タイプ・材質と加工の種類について
■フィルム製ステッカーの素材それぞれの性質と機能
■短納期で機能・耐久性に優れる小ロット多品種ラベル対応

■ステッカーの製品タイプ・材質と加工について

各種の製作ステッカーは必要数量や内容・用途や使用環境によって最適な仕様が異なります。ご検討数量や詳しい用途・条件をご指示いただきましたら、当社にて適した素材と加工の組み合わせをご提案させていただきます。

印刷の仕様:必要な製作数量と表示内容・使用条件にあわせた印刷方法を使い分けます。
デジタル印刷・インクジェット

小ロットやフルカラー表現に
「版」を必要としない事から、極小ロット・多品種なども1点から短納期で対応できるうえ、多色表記も容易であり、写真やグラデーションの表現などにも最適です。
主に塩ビ・PETなどのフィルム素材(透明・メタリックも可)に印刷され、インキ性能と印刷する素材とも耐候性に優れたものが標準となっています。
抜き型を必要とせずステッカーの形状も四角・角丸・丸型のほか自由自在です。
■シルクスクリーン印刷

色数の少ない銘板ラベルなどの一定数量の製作に
「1色ごとに」版を必要とするため多色であるほど高額になりますが、その一方、製作数量が多ければ単価安になってくるため、少ない色数で同じ表記のものを一定の数量まとめて製作する場合には、デジタル印刷よりも安く製作できます。
また使用する下地素材に合わせてインキを選定して印刷を行うため、非常に幅広い素材をステッカーの下地として使用できます。
■凸版・オフセット印刷

消耗品などの量産に

(1000枚単位より)
1色ごとに版を必要としますが、コストパフォーマンスに優れた最小1000枚単位からの高速印刷による量産向き仕様です。安価な紙ベースから丈夫なフィルム素材まで使用素材もご使用の用途に応じて多岐に対応できます。
※製法の特性上、他の仕様より印刷のインキ厚が薄くなるため、通常の場合では屋外での使用において褪色(紫外線による色とび)を起こしやすくなります。屋外用には、専用の耐候性インキや表面加工を加えますので、その旨ご指示下さい。
上記のようにそれぞれの印刷方法でメリットが異なるため、どの印刷方法が「最も効率的で適切か」は数量だけでなく色数や、使用用途などの条件によって変わります。同じ表記内容のものを1000枚製作する場合と1枚追加製作する場合では、「1枚あたりの単価」ももちろん異なりますが、このような場合は製作方法そのものが違ってくるために製品の仕様・性能もそれに影響される(小ロット用の素材・インキでの対応など)場合があります。予めご留意ください。
※例:特殊な耐候処理を付加しない場合の上表の量産向け(凸版等)印刷は、耐候性のあるデジタル印刷タイプと異なり、屋外ではごく短期で色褪せが生じます。
主なラベル素材:ステッカーの印刷下地となる材質です。
※製作条件によっては、(印刷手段が異なることによって)使用できる素材も限定される場合があります。
軟質の塩化ビニール製粘着フィルムをベースとしており、フィルム系素材の中でも長期の屋外耐候性にも優れます。極小ロットデジタル印刷では標準的な素材となります。
一般的に塩ビよりも熱などによる収縮が少ない素材であり、アルミを蒸着加工したメタリック(シルバー)や、下地が透ける透明地などのバリエーションにも対応しています。
紙のため水分などに弱く耐候性は劣りますが、安価で書込・捺印が可能であり屋内向けの消耗品として大量に使用する際のコストパフォーマンスに優れます。
書き込み・捺印などの紙の利点を併せ持ち、紙よりも破れにくく水にも強いプラスチック繊維合成紙です。塩ビなどよりも安価ながら屋外耐候性は低めですが、書込用途以外にも表面にラミネート加工を施すことによって、警告ラベルなどの幅広い用途に対応します。

主なラミネート加工:ご使用の目的に応じて耐候性を高める処理や、利便性のための加工を施します。
※ここでのラミネートとは、透明のうすい樹脂製保護フィルムを製品表面に粘着させる保護加工を指しており、「両面熱圧着封入式のホットラミネート」(=一般に「パウチ」と呼ばれるもの)とは別のものです。
表面の摩滅を防止し、光沢感を出すため表面に透明PP(ポリプロピレン)フィルムによるラミネート処理を施します。薄手のPPラミネート層は屋外で長期間暴露する事でひび割れなどが生じるため、屋内または屋外一定期間向けの保護加工といえます。
(「PP加工」とも言い、これが「ラミネート」とほぼ同義で扱われている場合もありますが、あくまでも「PPフィルムによるラミネート加工」のことであって、「PP=ラミネート」を指すものではありません)

PVCすなわち塩ビ製の軟質透明フィルムによるラミネート加工です。
約80μ〜100μの軟質塩ビによるラミネートフィルムは耐候性に優れ、紫外線による退色から保護する効果もあります。グロス(ツヤあり加工)は
風雨による汚れも付きにくく、ライフサイクルの長い屋外表示に最適です。
マットすなわち「つや消し」のラミネート加工です。光沢がないため、照明や周囲が映りこまず落ち着いた風合いに仕上がりますので、施設内の案内表示にも適しています。シルバー地の操作法ラベルなども、つや消しにする事で読み易さが向上します。
書き込みを行う箇所など「ラミネートフィルムの一部分を、後から貼れるように台紙付きの状態で残した」加工です。 ラベル面に必要事項をボールペン・サインペンなどで書き込んだ後から、その箇所のラミネート部分の台紙をはがして圧着させるので、書込内容が消えません。
検査証ラベルや、駐輪ステッカーそのほか登録証、記名ラベルなど使用します。
一般的な「ツヤあり」ラミネートの利点として「汚れがつきにくい」という点もあり、屋外で放置される用途においても雨水垢などが沈着しにくい「ツヤあり」仕上げが適切といえます。
「ツヤなし」(マット)加工は見やすく落ち着いた雰囲気をもち、照明などの映りこみもないため室内サインとしての機能性・高級感に優れます。